森嘉彦プロウクレレスクール交流会 ~ 2016

レポート

森嘉彦ウクレレスクール交流・演奏会 枝垂桜は満開、ソメイヨシノはまだ一分咲きの樹がほとんどの祇園で恒例の発表会・交流会が行われました。
乾杯と校長の森嘉彦とマジックアイランドの演奏を皮切りに集いは始まり本校の京都を中心に、山形、東京、大阪、奈良、西宮、神戸、姫路、淡路島から集まったメンバーで合計40ステージが繰り広げられました。

緊張した面持ちの初ステージの人
初めて会った人同士で、グループを組んでオンステージするチーム
第一回から出演して、現在は講師をしている人
今年は「歌って、ウクレレソロやアドリブを弾く」というスタイルのステージが多かったです。
前回に引き続き「森嘉彦と寝たきり年金バンド」のステージも会場を沸かせました。
会場となったお店のスタッフも楽しみにしている奈良の高校生のステージ、中学生の落ち着いて華やかな演奏も注目を集めて今年も多彩なステージを、みんなで楽しみました。
参加された方からはこんな声もいただきました。

Student Voice

少しテンポが速くてドギマギしちゃいましたが、アドリブあたりからホストバンドに囲まれて演奏できるなんて、夢にも思ってなかったことができていることが嬉して、とっても幸せな気分でした。
ほんと、いい経験をさせていただきました。
参加して、思ったこと。やっぱり森先生のJAZZはほんとに素敵ですね。一つの曲に自分のフレーズを編み込んで広げていく世界。その曲に自分の息吹を吹き込むみたいな心地よく、しなやかな音の流れ。 素敵な先生に出逢えたこと、心からよかった~って、改めて思いました。ほんのちょっとずつでも、ほんのワンフレーズだけでも、先生のニュアンスが表現できるようになりたいです。

演奏者としてのみならず、仲間の演奏を応援し楽しんでくださった参加者のみなさん 応援に来てくれた一般のみなさん
受付や楽譜の集約やセッティングを手伝ってくださったみなさん
小さなウクレレの音や演者のピンチを救いながら華やかに飾り付けてくださったマジックアイランドのみなさん
そして、自分のプロとしての経験や技術の集積を惜しげなくいつも辛抱強く教えてくださった森嘉彦先生に感謝です。

第17回も次回までに培った何かを、大勢で持ち寄ってみんなで、もっとおもしろい集いにしましょう。

文責:北嶋

写真

森教室の生徒なら、だれもが弾くソロ、「パーリーシェル」を初学者で合同演奏
今回、披露の楽曲・・・
実は一年前からレッスン!!
オンステージを待つ人が、座席で練習中
衣装をそろえてペアで。ソロあり歌ありのステージ
たった二年で、ここまでジャズテイストが出せるのか、と評判でした
中学生にして、すでに説得力のある演奏!
毎年、三人官女のように息ピッタリ
待ってました、「森嘉彦と寝たきり年金バンド」一人は当日朝のケガで本当に寝たきりになるところでした。
唯一、ハワイアンらしい恰好と演奏
途中で一人ずつ、ブルースのソロを披露
これはもうプロフェッショナルのステージ!
安定したクオリティの演奏ができるグループだからいつもトリに。「来年は3番目にしてください」
5時間にわたり、演奏サポートの重労働をしたマジックアイランドのみなさん
会場「ラポー」のオーナーの歌が今年も驚異のバッキングと、オブリガードを入れてくださり、ありがとうございます。

MOVIE

発表会概要

開催日 2016年3月27日(日)
ホストバンド MAGIC ISLAND
場所 Selected REPOS(セレクテッド ラポー)
住所 祇園花見小路新門前角(ホテル新門荘B1F)
主催 森嘉彦プロ ウクレレスクール
概要ページ 第16回 全体交流・演奏会