ウクレレの特徴と可能性 ~東京ウクレレ塾創設によせて~

楽器をちゃんと持てない人々。そのわけは・・・!


 昨今、Low-G 弦を張っている初心者をよく見かけたり、また、Low-Gを張って当スクールに入校される人がいます。
「なぜか」と問うと、以前に習いに行ったスクールで、いきなりLow - G に張り替えさせられたとのこと。 そして、何年も習っていたにもかかわらず、楽器を普通に持てずウクレレらしい音色も出せない「弾けていない」人がほとんど。 膝の上に楽器を置いて弾くせいで、脇に抱えて弾くことができないから、立って弾けない。 おまけに、コードチェンジでウクレレを落としそうになる人がなんと多いことか。
 よくよく聞いてみると、ギターやベースが専門である講師、とりわけウクレレのことが詳しくわからない、 勉強もしていない人がウクレレを教えていたり、「メロディーを弾くとき<ド(3弦の開放弦の音)>より低い音程が弾けないから」と バカげたような事を理由にしている講師が多いという事実。
 それらをうけて、今回は、常々思っていること、ウクレレをする人には知っておいてもらいたいことの一部について、 少しコメントや説明をしてみたいと思います。

―― High‐G で 2 フィンガー奏法 これ、最高に効率的な弾き方なんです


 まずは「High-G チューニングがノーベル賞ものや!」と言う理由を説明しましょう。
 一音違いの音が1弦と4弦にあるということで、2フィンガー奏法で弾くと、 あらゆるフレーズがいとも簡単に、尚且つ、楽に早く弾くことができます。 また、ブロックコードでソロを弾く時、1弦だけではなく4弦にもメロディーを置いてストロークだけで しかもリズムを出しながら簡単に弾けます。  皆、4弦でも音階が弾けることをお忘れのようですね。コードの一構成音として漠然としか思っていない し意識をしていない。Low-G に張り替えている人に至っては、それこそ、3弦のド以下の音階か、和音 を構成している低音くらいにしか考えていないのではないのでしょうか。 昔、ウクレレ弾きと言われる人は皆、うまく4弦を使っていましたよ。

1 2 3  次のページへ>>